多汗症 原因 顔 頭

多汗症の原因(顔・頭等)と治療

スポンサーリンク

あなたは多汗症とはどんな病気が知っていますか?
多汗症とは、さして暑くもなく、激しく運動したのでもないのに、汗を沢山かく状態を指します。
多汗症の汗は、体質ではなく、れっきとした病気ですので、治療をすればほとんどの場合、治ることができます。
体の部分では、手のひら、足の裏、額や脇の下に異常な汗をかくのですが、精神的なストレスを受けて、緊張するとなおかつ、かく汗の量が増えるのが特徴でもあります。
多汗症の原因については、現時点では残念ながらはっきりしたことは解明されていません。
意見として、共通して言われていることは、多汗症の人は、交感神経の反応が普通の人に比べて、強い点です。
要因として、いくつか挙げられますので、一緒に探っていきましょう。
1.ストレス、緊張、不安な気持ちなどの精神的要因が原因とみなされる場合
多汗症は、精神的ストレスが要因となり、発汗する場合があります。この場合は、発汗恐怖症とも呼ばれています。
仕組みですが、緊張したり、不安を感じると、交感神経の働きが活発になり、それに伴い、汗腺の活動も活発になります。
そしてその結果、汗を沢山かくことになるのです。
2.他の病気が原因とみなされる場合
循環器や代謝異常、内分泌異常など、他の病気を患っているために、多汗症になる場合があります。
この場合の疑いがある病気は次の通りです。
バセドー病、急性リウマチ、糖尿病、結核など

スポンサーリンク

3. ホルモンバランスの乱れが原因の場合
ホルモンの分泌は、脳のある部分でコントロールされていますが、交感神経と同じようにコントロールされているため、ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れやすく、このために多汗症になりがちです。
特に、女性は、生理、妊娠、そして更年期といろいろな場面で、ホルモンのバランスが乱れることが多く、そのため、影響を受けやすいのです。
4.生活習慣の乱れが原因とみなされる場合
生活習慣と多汗症も関係があります。
例えば辛いものや熱いものを食べたりすると、汗をかきます。
この状態は正常ですが、過剰に汗を書く場合は、味覚性多汗症と診断されます。

 

それから、肥満体系の方は、多汗症が多いと言われています。
ですので、日頃からバランスのよい食生活を心がける必要があります。
それとニコチンやカフェインも多汗症に影響を与えます。

 

このように、多汗症の原因は、様々です。
このサイトでは、多汗症について、いろいろな症例を挙げて、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク