多汗症 塩化アルミニウム 副作用

多汗症に効果的な塩化アルミニウムの副作用とは

スポンサーリンク

汗の出る穴を編成することにより、汗が出るのを抑える効果が期待できるのが、塩化アルミニウムです。
古くから使用されており、手頃な価格で購入することが出来ることから多汗症に悩みを持つ人に人気があります。
塩化アルミニウムには、殺菌効果も期待することが出来ますので、多汗症だけではなくワキガで悩んでいる人にもおすすめです。
塩化アルミニウムを使用した場合、副作用として肌のかぶれがあります。
副作用の原因は大きく2つに分けることが出来ます。
それが、濃度が濃く刺激が強すぎるという場合です。
この場合には、濃度を薄めることによりかぶれにくくすることが出来ます。
そして、もう1つが、肌に合わないということです。
肌に合わずにかぶれているという場合には、濃度を薄めてもかぶれてしまう可能性がありますので、使用は中止するようにしましょう。

スポンサーリンク

塩化アルミニウムを手に入れるためには、病院で処方を受ける必要があります。
皮膚科だけではなく精神科や美容外科などでも処方を受けることが出来ます。
また、市販されている製品もありますが、病院から処方されるものに比べて効果に違いがある場合もあります。
なお塩化アルミニウムを使用するタイミングとしては、発汗していない時を見計らって汗が気になる部分に塗布するようにします。
就寝前に塗、翌朝には拭き取るようにすると良いでしょう。
繰り返し使用することにより、汗の量が軽減されてきます。
汗の量が軽減していると感じた場合には、使用する回数を減らすようにしましょう。
保管する場合には、日光の当たるところに保管すると、劣化してしまうため効果が落ちてしまう可能性があります。
遮光瓶で保存するか、直接日光の当たらないところに保管するようにしましょう。

スポンサーリンク