多汗症 手術 ets 費用

多汗症の方のためのets手術の費用を調べる

スポンサーリンク

激しい運動をしたわけでも暑いというわけでもないのに、いつも汗が出て止まらないという方はいらっしゃるでしょうか。
最近は性別や年代関係なく、多汗症の方が増えています。
特に手汗がひどいと汗のせいで紙が濡れ、自分が不快に感じるだけでなく、周囲の目も気になってしまうようになって、仕事やおしゃれが心から楽しめないと毎日が憂鬱になる方もいらっしゃると思います。
多汗症の方に向けた対処法は、ドラッグストアで販売されているスプレーや薬、漢方薬や整体、病院で塩化アルミニウムを処方してもらって塗るなどの方法はいくつかありますが、それでも改善されないという方は、etsと呼ばれる手術があります。
費用も安めですが、この手術には様々な注意が必要なので、対処法を一通り試し、それでも駄目だった時の最終手段として残しておきましょう。

スポンサーリンク

あらゆる対処法を試しても手汗が改善されない方が行うetsの手術は、中学生以上から受けることができます。
麻酔や問診などを含めれば時間はかかりますが、両手の場合でも約10分ほどで終わります。
費用は保険が適用されるので、実質負担は10万円前後が平均的な金額になっています。
生命保険に加入していると、手術給付金の対象となりますが、片手だけ手術して後遺症などの様子を見てから後日、もう片方も行うとなった時は、2倍の費用がかかるので注意が必要です。
また、個人差がありますが、汗が止まっても逆に手がカサカサになってしまい、ハンドクリームが手放せないなどの後遺症が起きる場合もあります。
etsはあくまで最終手段ですが、どうしても手汗を止めたいという方は、医師や家族とも十分相談し、納得した上で行うようにしてください。

スポンサーリンク