多汗症 顔 首

多汗症で顔首汗が気になる

スポンサーリンク

顔や首の多汗症とは、顔から汗が大量に吹き出している症状で、緊張などで多くの汗が出て来てしまいます。
こういう汗を出す人は、全身多汗症とは別の局所多汗症と読まれます。
特に女性は化粧が落ちてきますので多汗症に悩む人が多くいます。
原因はいろいろとあります。
ストレスからくるものだったり、気温の上昇に伴い汗をかいてしまったり、自律神経の変化などが原因や食事の偏りによる生活習慣の乱れからくるもの内臓や交感神経の乱れなどによって原因となっているものは変わってきます。
汗が多い=多汗症と言うわけではありません。
内臓が弱っている方は脳のシグナルによって汗が大量に出てしまう可能性があります。
交感神経に異常がある方は多汗の症状と共にめまい、だるさんど疲労感を感じることがあります。
気にしすぎが原因の方は、汗の量は同じでも、汗をかいていることを恥ずかしく感じると発汗して止まらないという原因です。

スポンサーリンク

すぐに出来る対策法もいくつかあります。
まずは手のつぼを押してみましょう。
場所は親指と人差し指の間の肉の所の骨があるところらへんに「ごうこく」というつぼがあります。
また手を内側に向けた時に手首の左手だと、右側の(脈の出ている逆側)らへんに「いんげき」というつぼがあります。
また舞妓さんや芸者さんなどの仕事の方は、顔の化粧が落ちないように帯をきつく締めて、汗が出るのを抑える「半側発汗」と言う方法もあります。
これは圧迫する側の汗が減り、反対側の汗が増えるという対策法です。
また、化粧前に保冷材や湿らしたタオルなどを使って、首の後ろを抑えて冷やす「温度調節」もできます。
外出先ではハンカチを水に濡らして首に当てたり、冷たいペットボトルなどで手首を冷やすと体は冷えますので、汗が出にくくなります。
「汗をかいたらどうしよう」「自分だけ汗が出て恥ずかしい」と思ってしまうことにより汗が出やすくなってしまいます。
「汗が出るのは当たり前」と思うことも大事なことです。

スポンサーリンク