多汗症 どこから

多汗症の原因はどこからなのか

スポンサーリンク

別に動いているわけでもないのに平常時であっても大量の汗をかいてしまう病気があり、これを「多汗症」といいます。
日本では7人に1人がなっているという調査結果もでています。
主に手や足裏、顔、脇の下、腰、お尻、太ももなどから日常生活に支障をきたす程の大量の汗をかいてしまう発刊過剰を認める疾患であります。
酷い症状がある人には身体全身に大量の汗をかいてしまう「全身多汗症」というのもあります。
実際にこの疾患が起きてしまう原因は不明であることがほとんどであり、たいていは精神的ストレスや汗線が衰えて発生してしまうことがわかっていますが、他の原因もあったりするためなんとも言えないです。
別の病気が原因で発症することもあるため注意が必要です。
代謝異常や内分泌異常、循環器・中枢神経の疾患の病気を引き起こしている場合にも多汗症になるケースがあります。

スポンサーリンク

多汗症は果たしてどこからきているのかがきになるところです。
どこからきているのかというと、ほとんどがアポクリ腺やエクリン腺や神経などの異常が原因だとされていることがほとんどです。
またホルモンバランスの乱れが原因であるということも指摘され、交感神経と副交感神経のバランスが正常に動かずにいるということも考えられています。
また遺伝も関係性があるとされていて、神経質な性格や緊張しやすい性格が遺伝できてしまってるひとは多汗症になりやすいとされています。
生活習慣の乱れが原因でなるケースもあるようで、特に肥満のひとやタバコやコーヒーを過剰に摂取するひとも注意が必要となります。
ニコチンやカフェインには中枢神経を刺激する物質が含まれているため過剰に摂取していると発汗が異常となります。
改善方法なども多々あるため諦めてはいけないです。
また病院などでも専門的に治療を行ってくる場所もあり、主に薬や手術による治療となります。

スポンサーリンク