子供 汗かきすぎ

子供の汗かきすぎに対する対処法について

スポンサーリンク

子供は大人よりもずっと代謝がいいので、少し動いただけでも汗をかきます。
寝ている時もよくあせをかきます。
大人がなんともなくても、朝起きたら子供だけ汗をびっしょりかいていることもあります。
おもいっきり身体を動かしていると、まるでシャワーを浴びたようなくらいに汗をかくこともあります。
これは、代謝が良いからであり、汗をかかないよりかく方が身体には良いので、「汗かきすぎなのではないか。
」と心配する必要はありません。
しかし、子供は遊びに夢中になると、喉が渇いてもそのことに気づかずにずっと遊んでいることも多いので、特に就学前くらいの年齢のお子さんで自分で水分摂取がなかなか難しい場合は、大人が様子を見てあげておく必要があります。
特に夏場は、脱水の症状や熱中症になってしまうこともあるので、注意が必要です。
子供が喉の渇きを訴えなくても、こまめに水分補給をさせるようにしたり、夜寝る時もエアコンで温度を調節するようにします。

スポンサーリンク

基本的に、大人よりも子供の方が平均体温が高いので、大人が暑くない時でも、子どもは暑がる、という場合はよくあります。
汗かきすぎで大切な対処法は、水分補給ですが、汗で衣服が濡れているのにそのままにしておくと、今度は身体が冷えて風邪をひいてしまったりすることもあるので、こまめに汗を拭いてあげたり、着替えさせるようにします。
小学生くらいになり、いつも親の目が届く歳でなくなった時は、汗をかいたらちゃんと汗をふくことや、着替えること、水分を摂ることをちゃんと教えておきます。
汗ばかりかいて水分を摂らないとどうなるかも説明しておけば、子どもも納得し、自分で気をつけるようになります。
大人がいつも一緒にいて目が届く年齢の時は、周りの大人が気にしてあげること、いつも目が届かない状態の年齢になった時は、自分で対処できるように教えてあげることがとても大切になります。
基本的には、大人よりはたくさん汗をかくので、過剰に心配する必要はないです。

スポンサーリンク