汗かきすぎ 頭痛

汗かきすぎと頭痛の原因

スポンサーリンク

まず、汗かきすぎをともなう疾患は大きく4つにわけられます。
その中でも、頭痛、肩こり等を引き起こすのが自律神経失調症と呼ばれるものです。
これは、ストレス等が原因で自律神経が乱れ、心や体に不調が表れる病気です。
不安や緊張、多汗、頭痛などの症状が現れます。
ストレスの溜まり方も様々あります。
一つ目は、精神的、身体的なストレスです。
人間関係や仕事の不安などから起こる精神的なストレス、過労、事故、さらには音、光なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因となります。
二つ目は、昼夜逆転などの不規則な生活です。
慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因となります。
三つ目は、現代人に多いテクノストレスというものです。
パソコンが苦手で馴染めないテクノストレスは同じ姿勢で長時間にわたりモニターを凝視、操作し続けることなどから起こります。
逆に、パソコンのない生活に不安を感じたりすることもあります。

スポンサーリンク

汗かきすぎを予防する方法として挙げられるのは、制汗剤を使うことです。
現在は発汗を抑える様々な制汗剤がそろっています。
外出前に、制汗剤を使用することで、汗かきすぎの原因そのものを解決するわけではなく、一時的な制汗効果として活用することが出来ます。
汗かきすぎの対処法として汗を拭くときに濡れタオルを使うという方法があります。
濡らしたタオルは汗に含まれる雑菌まで取り除いてくれます。
自律神経の異常が原因の頭痛を予防する方法として一つ目は、精神的なストレスに強くなることです。
何事にも前向きに考え、気長に考え、楽観的にとらえたり気持ちをコントロールしてストレスに強くなる方法です。
二つ目は、ライフスタイルを見直すことです。
食事、睡眠、休養、労働、運動の五つが、毎日規則正しく行われていると生体リズムも順調に回ります。
どんなに忙しくても、一日三回の食事を楽しく味わうゆとりを持つことを心がけることが大事です。
これらのことをするとストレスが原因の頭痛や汗かきすぎを予防することが出来ます。

スポンサーリンク