汗かき 病院 何科

汗かきが多汗症レベルまで進展した場合に病院で何科にかかるべきか

スポンサーリンク

人間の体は真夏の暑さや運動等でたまったエネルギーを放出する為に、必要に応じて汗をかくという行為を通じて体内の熱エネルギーを外へと放出します。
これは人間が持っている生理的な機能であって全く問題にはなりません。
しかしながら、この汗かきの量が本人から見て異常な程で、慢性的に汗をかくといった場合には多汗症という病気を疑った方がいいでしょう。
多汗症とは人間の汗腺にある腺から通常の人と比較して異常な量の汗を出してしまう病気の事をいいます。
この多汗症は主に、全身に表れえるケースと顔、手、わき、頭、足の裏といった局所的に汗をかくケースに分かれます。
先に述べたように汗をかくというのは人間の生理的な機能なので自分が汗をかいていてもそれが単なる汗かきの部類に入るのか、それとも治療が必要な多汗症であるのかは判断が難しい所があります。
それ故、本当に多汗症であってもたんなる汗かきとして我慢してしまうか、多汗症だと分かっていても何科にかかればよいのか悩む人が大勢います。

スポンサーリンク

発汗が我慢できない程度である場合や日常生活に影響を与えるレベルだとすると、多汗症を疑うべきです。
しかし多汗症であったとしても病院で何科にかかればよいのか戸惑う方もおおくいらっしゃると思います。
そこで、まず多汗症はなぜ起こるのかを考えて見なければなりません。
人間は熱エネルギーを体外に放出する場合以外に、過度のストレスを感じた場合にも汗をかきます。
体温調整とは関係なく汗をかいてしまうのが特徴で精神性発汗と呼ばれます。
自律神経の一つである交感神経の活動が活発になる事によって汗をかいてしまうものです。
社会的地位が高い方に接する場合や会議などで大量の汗をかいてしまう場合はこれに該当します。
では、この場合に病院の何科にかかるべきか考えた場合に、原因が精神的なストレスからの発汗である為に、病院の神経科、或は診療内科にかかり適切な治療をうけることが必要になるといえます。
治療としては催眠療法、訓練療法、バイオフィードバック療法などが推奨されます。
精神的な問題から起こる病気である為に解決が難しい場合もありますが、自分の発汗が精神的なストレスからくるものではないかと疑った場合には、心療内科か神経科を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク